妄想三流建築士

キャストドール(球体関節人形)の写真などをぽちぽち載せるブログです。苦手な方は全力退避でお願いいたします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神父で闇医者

doll20141213000.jpg

Sadolさんの神父服がやって来たので、キャラ的なひとをひとり、お話に加えようかな、と思います。
ドール的にはしばしば登場していた、LittleMonicaのGloomy Demetriさん(頭のみ)です。
基本、65センチボディに乗ってもらいます。

doll20141213003.jpg

これはまあ、お遊び写真ですが!
設定は、香港経済特区で神父兼闇医者をやっているひとです。
名前はここに書いてしまえば忘れないから、エリアス・アンジェルにしましょうか。

doll20141213002.jpg

チェコ生まれ。年齢不詳。
アメリカの里親の元で育ち、飛び級で医学を修めたが、その後医学より神学に興味が出て神学校へ入った、と自称しています。
現在はカトリックから破門され、経済特区の貧民街の奥底の、小さな教会の主を務めるようになりました。
その経過は謎ですが、「その歳にしては手術が上手すぎる」こと、「自分と他人の痛みに無頓着」なこと、「死は救いである」と明言することなどから、あまり真っ当なひとではないでしょう。

彼の住む教会は闇の医院として使われるほうが多く、金を払えば誰でも治療します。
金を払えなくても、個人の楽しみとして手術してくれることもあります。
その場合、結果が少し奇妙なことになったり、結局患者が死んだりすることもあるようです。

貧しい暮らしをしていますが、手術で稼いだ金は莫大であり、人脈も豊富です。
どうやらその人脈を使って、リューの医療記録を入手したらしいのですが……

というようなお話で、また何か撮ってみたいですね!
お粗末さまでした。
スポンサーサイト

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

八尋

Author:八尋
ウェットでもあってドライでもあり、ジオラマのように人形を愛でているぼんやりオーナー。
首都圏在住。

検索フォーム
QRコード
QR
カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。