妄想三流建築士

キャストドール(球体関節人形)の写真などをぽちぽち載せるブログです。苦手な方は全力退避でお願いいたします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間瀬野外撮影会【3】雑記的なもの

ストーリー的にまとめた写真は【1】と【2】に格納してありますので、
ここではあぶれた写真を眺めつつ、合宿の話をぼんやりします(笑)

結構長くなったので、これも畳んでおきますね。


 
合宿は長野のスキー場のペンションで行われました。
――ということは、山の上です。
多分足場が悪くて、傾斜地だろう。
そう考えた私は、とりあえずリュックを買うところから始めました。
「なんという本気装備」
って何度か言われましたが、いいんです!
カート引いてたら確実に滅びてたから、多分正解だったんです私には!←

ちなみにうっかり機能性萌えを発症し、カメラ用のリュックを買ってしまいました。
三脚入れるところもあるので、ぺこぺこの安いアルミ三脚も購入。
荷重三キロって書いてあるけど、これ半分くらいだと思ってください! 
と注意されたけど、私のカメラ(EOS kiss X5)くらいなら充分耐えてたと思いますよ。

さて、一日目はかんかんに晴れていたので、車でスキー場上の公園に連れて行ってもらいました。
薔薇が綺麗に咲いてましたよー!
白飛び!
した!
あと、疲れました。太陽こわい。

yomase002.jpg
yomase001.jpg

一日目の野外撮影を終えて、撮り慣れていないドールたちに翻弄されすぎだったので、
壁打ちのごとくペンションの部屋でドールを撮る私たち。
昭和な色合いが、なんとなく似合ってるような。
→に窓があるのがよくわかる光の混在ぐあいです。

yomase011.jpg

で、夜。
コスプレ組がお酒を飲んでいる中、とりあえず三脚で薄暗い撮影したり、
ボディを見せるついでに添い寝写真を撮ったりしてみる。

yomase010.jpg

なんですかね、このひとの動じないっぷりは……。
こういうのはひとりで撮ってるとすぐ賢者タイムに入ってしまうので、
わいわいがちょうどいいです。たぶん。

yomase007.jpg

二日目の朝は雨で、外はものすごくガスってました。
起きてTwitter会話しつつ、朝食前の食堂に集まってくるドール者たち。
そして自然と写真を撮り出す流れ。

夜通し撮影されていた(!)すずさん(http://garage516.jp/)にレフ板貸していただきました。
ありがとうございます!
やっぱりあると違いました。
お外用に買うとします。

今回はドールのひともコスプレのひとも、気づくと辺り中で写真を撮っていて、
それを見るのもとっても面白かったです。
撮影会って大体時間に追われていて、ひとの撮影風景をまじまじ見たりはしないので。

写真撮ってると変な格好にはなりますけど(笑)、
真剣に何かをやっている姿は、やっぱりかっこいいです。

yomase019.jpg

晴れ待ちの間に車を出していただいて、大型スーパーでお昼と信州土産を購入。
落雁はあえては食べないお菓子だけど、小布施の栗落雁だけは美味いです。
風味堂さんのものを購入して久しぶりにじーんとする。

帰ってきたら雨が小降りになったので、お昼前にペンションの裏庭へ。
曇りで光がちょうどよく、緑がきれいでしたよ~。
ちょっと向こうは車道なんですけど、ドール撮るには充分ですね。

yomase043.jpg

その後少し上に登り、花畑状態になっているスキー場で撮影を。
倒れる覚悟で人形を立てて撮影したら、案の定倒れて(笑)
もう時間との戦いですね。
でも草が深いので、露がつくだけで汚れませんでした。
心配してくれるトリさんに人形を支えてもらい、
とりあえず顔についた露を撮る私。めげない。というか、雑。

花畑はちょっと傷んだ花もあるけど、とにかく広大で素敵です。
あ、花畑なので、蜂が居ました(笑)
虫除け必須、黒や紺は避けるべきっていうのはこういうことかー、と。

そんなこんなで、2時近くまで撮影して部屋に戻り、
食堂で最後に少し撮ってからパッキング。
帰途につきましたー。

南んさん、参加者の方々、楽しい会をありがとうございました!
野外初心者でどきどき参加でしたが、未熟なりに案外撮れてた気もします。
また開催されるようですので、ご縁あればまた。
楽しかったです。
スポンサーサイト

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

八尋

Author:八尋
ウェットでもあってドライでもあり、ジオラマのように人形を愛でているぼんやりオーナー。
首都圏在住。

検索フォーム
QRコード
QR
カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。