妄想三流建築士

キャストドール(球体関節人形)の写真などをぽちぽち載せるブログです。苦手な方は全力退避でお願いいたします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷える子羊のスープ

微エロネタにいつもの女神Shellさんが乗ってくださいました!
Shellさんのブログはこちらから→微エロ冬の陣 西軍編(Ghost Cage)
他の素晴らしい微エロネタにもShellさん宅微エロ記事からリンクがありますよ。
八尋のしょうもない微エロは→微エロ冬の陣 微エロ冬の陣夜の部

doll20131219004.jpg

閑話休題。

微エロはおいておいて、マフィアものストーリーの続きをやります。
グレン君回です。
Don't touch thisの続きで、その頃グレン君は何してたんですか、という話。
(1)主人公側はマフィア的組織の幹部さんたち
(2)現在謎の敵対勢力にばたばたっと同時期に襲われてます。
これだけわかっていれば大丈夫だと思います。
設定も整合性もゆるゆるです。

【配役】
グレン(Dyuke):リューのボディーガード。
リュー(Romeo):マフィア的組織の若ボス。
キャロル(Benkel):リューの組織のシステム担当。いわゆるスーパーハカー。

血糊・包帯・(設定上の)微グロ注意。
直接的表現はしません。
小話が寒い方は、そっと目を細めて写真だけ見て下さいね。

続きは畳みます。

 
■□■


朝か。何日の朝?
よくわかんないな。

そんなことより、今考えなきゃいけないこと。
なんだっけ。

あ、そうだ。
キャロルだ。

あいつ、俺と離れた隙に誰かに刺されて、大事な荷物も盗られて。
俺はそいつを取り戻そうとして。
で、結局どうなったんだっけ?

よくわかんない。

doll20131218003.jpg


キャロル元気かなあ。
あいつ弱いから、すぐ泣くんだよな。
俺だって酔ったら泣くこともあるけど、社長の前でだけだし。
キャロルは違うんだよ。
誰の前でも泣くんだ。
泣いたら助けが来ると思ってる。
まだ甘くてふわふわの世界にいるんだ。

俺はそういうのを見るたびにイラッとするけど、
あれが尊いものだってことも知っている。

お前はさ、まだちゃんと、神様に祈ってるんだろ、キャロル。
わかるよ。ちっちゃいころは俺も祈ってたから。

doll20131219005.jpg

俺も十五年前のあの日、クローゼットの中でぶるぶるしながら、これから俺は生涯不運続きでいいから、パパとママと姉さんたちを助けてくださいって祈った。
でも、神様はいなかったんだ。
だからみんないなくなって、俺は祈るのをやめたよ。

いてぇなあ、ほんと。
でもさ、痛いのは腹が減るよりましだよ。
みんながいなくなってから、何を食べても泥みたいで吐いちゃって、
ほんとのほんとに腹が減って、ちょうど目の前で交通事故が起きて、
ぱっと飛び散った赤に、ああ美味しそうだなって久しぶりに思って、
俺は自分が化け物になっていたのに気づいた。

doll20131218001.jpg

つまり、希望がないってことは、化け物になるってことなんだ。

俺はいつか、俺の家族を殺した奴らと同じことをする。
それが嫌なら、人間でいたいなら、自分で死ぬしかないんだ。

化け物が祈りを捧げられる神様はもういないんだ。

doll20131219003.jpg

お前が泣きやむ日が来ないといいと思ってるよ、キャロル。

助けは来るんだ。信じろよ。
俺、行くからさ。

俺が死んだら祝って欲しい。
誰かを助けて死んだねって、善人じゃなかったけどいい奴だったねって。

doll20131218002.jpg

でもさ、ほんとは俺だって怖いんだ。

死ぬのは嫌だよ。化け物になるのも嫌だ。

本当は、助けてほしい。

doll20131218000.jpg

大丈夫だって言って、そんなことさせないって言って、
生きろとか死ねとか言って、名前を呼んで、

なんだろうなあ。
キャロルを笑えない。

夢だ。

ふわふわの甘い夢。

夢が俺に手を伸べる。

doll20131219002.jpg

「グレン」

doll20131219000.jpg

「――お怪我は? なんで自分で来たんです」

「お前がこんなところで死にかけているからだ」

「ごめんなさい。キャロルは元気ですか」

「生きてる」

「俺を襲った奴ら、ツインフィッシュストリートの地下酒場に電話してました」

「そうか。よくやったな」

「社長」

「なんだ」

「俺、これ以上、あなたに何を捧げりゃいいんでしょう」

doll20131219001.jpg

「あと少し付き合え。

反撃する」
スポンサーサイト
テーマ : ドール    ジャンル : 趣味・実用

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

八尋

Author:八尋
ウェットでもあってドライでもあり、ジオラマのように人形を愛でているぼんやりオーナー。
首都圏在住。

検索フォーム
QRコード
QR
カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。