妄想三流建築士

キャストドール(球体関節人形)の写真などをぽちぽち載せるブログです。苦手な方は全力退避でお願いいたします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドールセット制作記録【アンティーク加工】

まだ続くのか!
一応、ネタを出し切っておこうと思って……。
ご興味ある方のみお付き合い下さいませ。

doll20120904001.jpg
現在アトリエセットは改装されて、上のような廃墟セットになっています。
壁の下半分をオールクラックアップとバターミルクペイントで塗装し、ひび割れを生じさせています。
上半分は壁紙をやぶって貼って、下地はやぶれから見えるぶんだけ、コンクリートに見えるように灰色に塗装しています。壁紙はパステルで汚しています。
上下の真ん中に板。

窓の右側に見えるのは、錆び加工をした塩ビの水道管です。
水道管自体は、DIYのお店で買えます。
錆び加工には、さびカラーを使用しています。
わたしが使っているのは、赤銅色+黒さび……かな?
これは、元の素材を赤銅色にして、その上に黒さびを発生させる塗料です。極論、粘土でも錆びた金属みたいになる、というものですが、まあ、素材により地色の隠蔽率はまちまちです。

さびカラーで錆を発生させた鳥籠(下)。元はぺかぺかの金色でした。
時間経過により、今はさらに酸化が進んで黒くなっています。
doll20121226000.jpg

もう一種、さび発生系塗料にさびてんねんというものがありますが、こちらは鉄粉を素材に塗りつけ、その鉄粉に錆を生じさせるタイプでした。
リアルな錆は出ますが、ぼろぼろ落ちます。
室内での使用なら、さびカラーを個人的にオススメします。

さびてんねんを使用して錆びさせた鳥籠(下)。リアルなことは間違いありません。
doll20121226001.jpg

もっとも、さびカラーはかなりのアンモニア臭がしますので、塗装は屋外でやるしかない感ですが!

doll20121226002.jpg
今までの応用で、壊れた洗面台を作りました。
スチレンボードを切って貼って作った土台に、極小のモザイクタイルを貼っています。
水受け? の部分は凹面加工された金属板を購入し、さびカラーで塗装。
蛇口っぽくしているのは、引き出しの取っ手。同じく、引き出しのつまみを上にくっつけています。
アップで撮るものではないので、排水孔はありません←
この後、茶と緑のパステルで汚れと黴を表現して、おしまいです。

以上、お疲れさまでした~!
続きに漠然と拍手レスです。
スポンサーサイト

ドールセット制作記録3【ステンドグラス壁】

突発で、ステンドグラス壁を作りました。
薔薇窓ってロマンだよねーと言っていたら我慢出来ず……。
突発なので壁一面のみです。

doll20120523002.jpg

こういう写真が撮れます。
続きは畳みますね。


ドールセット制作記録2【窓のあるアトリエ】

最初に作った室内風セットがあまりにも光が入らなかったので、窓のあるセットを作りたくなりました。
そもそも実際の窓際にセットを作っているので、セットに窓つけたら自然光が入るんじゃない? という発想。
ということで、光の入るアトリエ風セットの制作記録です。

000.jpg

完成品こんな感じ。
続きは畳みますね。


ドールセット制作記録1【基本の室内風赤壁】

今回から三回くらいは、60センチ以上ドール用セット制作記録です。
最初にお断りしておきますが、ものすごく初心者向けの子供だましセットです。
制作者の個人的な記録に近いものですので、そのむねご了承くださいませ。

doll20121123000.jpg

今回は、こんな感じに撮れる真っ赤な部屋のセットです。
ご覧の通り真っ赤すぎて写真撮りづらいですが、色はともあれ、作るのは一番簡単なうちの基本形です。
続きは畳みますね。


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

八尋

Author:八尋
ウェットでもあってドライでもあり、ジオラマのように人形を愛でているぼんやりオーナー。
首都圏在住。

検索フォーム
QRコード
QR
カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。